ウィザードリィオンライン

ウィザードリィオンライン(Wizardry Online)は、日本のゲーム会社である「ヘッドロック」が開発し、「ゲームポット」が運営しているネットゲームです。ジャンルは、ファンタジーMMORPGで、ゲームプレイ基本料金は無料、アイテム課金制となっています。

このウィザードリィオンラインは、パソコンゲームの「始祖」といっても過言ではない「ウィザードリィ(Wizardry)」の30周年を記念してネットゲーム化し、内容を継承・進化させたものです。難攻不落の王道オンラインRPGであり、かなり難易度が高いことが大きな特徴となっています。ライトゲーマーは避けた方が良いと言われるほど難しく、冒険の途中でプレイヤーの心が折れてしまうのは当たり前…と思っていた方が賢明ですよ。高品質の3Dグラフィックと、グロテスクな表現はサディスティックそのもので、雰囲気の?まれてしまう方も多いのではないでしょうか。

5つの種族と4つの職業が用意されており、かつ、やり直しのきかない世界での冒険ですので、かなりの緊張感を感じられる、シビアなゲームです。しかしその分、1つ1つをクリアできたときの達成感は想像以上のものですよ。

ウィザードリィオンラインのストーリー

ウィザードリィオンラインは、悠遠なる世界の物語です。紀元前2000年ころ、前の時代の支配者である「ドラグーン族」は、高度な文明と、神々から託された魔法の力によって繁栄を行い、陸海空…のこの世界の全てを統治していました。全ての力を得ていた「ドラグーン族」は、自分自身が神である…と驕り高ぶりますが、紀元前600年頃、自らの過ちによって文明と共に滅びてしまいました。

$M その後、世界で最も大きな陸地「アザルス大陸」では、600年もの間、覇権を巡る戦乱は収まることなく争い続けていましたが、遂に「ダルア・メラ・シャンディール12世」によって統一され、「ダルア皇国」と「アザルス歴」が始まりました。しかし「ダルア皇国」も王の乱心によって100年足らずで崩壊してしまいます。それ以降「アザルス大陸」は、「ディメント王国」「クォパティ法制院」「ハーサント連邦」の3つの国家によって統治され、そして安定期に入り、争いのない平和な世界が訪れました。

…それも束の間、神話の時代に封じられたと伝えられていた「妖魔」「妖物」の類、「古き者共」と呼ばれていた「闇天使(悪魔)」なども「アザルス大陸」に現れるようになり、再び人々に脅威を与えます。平和に甘んじながら、その一方で異形の者達の影に怯える生活が続こうとします…。そんな時、人々のなかに、尋常ではない精神力を持ち、さまざまな剣術・体術・魔術を操り、幾多の困難に立ち向かう者たちが現れます。この者たちは、「ドラグーン族」が残した古代文明の遺産や、「ダルア皇国」の莫大な財宝を探し出して恐ろしい怪物を退治し、莫大な報酬を得るようになります。彼らは、次第に「冒険者(Adventurer)」と呼ばれるようになります。

そしてアザルス歴380年…。「ディメント王国」の各地で天変地異が起き、魔法の根源である「魔力」が失われてしまいます。この事件は、魔法に関わっていない者にとっても大きな問題であり、「ディメント王国」の魔法局は、魔力消失の原因を探るために、王国の各所に存在する遺跡・迷宮に調査団を送りました。しかし、妖魔妖獣に阻まれてしまい、調査はなかなか進展しません。特に、「ディメント王国」の首都である「アイトックス」の地下に広がっている旧地下水路は、次から次への魔物が湧き出すため、全くといっていいほど調査はできませんでした。そこで「ディメント王国」の魔法局は「冒険者」に、「旧地下水路に赴き、魔力消失の原因を就きとめた者に、騎士の位と報酬を与える」という御触れを出したのです。騎士になることは、冒険者達の憧れもあり、自分の腕に自信のある冒険者たちが次々に「ディメント王国」に訪れたのです。

コメントを残す