ルーセントハート

ルーセントハートは、日本ではガマニアが開発・運営しているネットゲームです。

2008年には、WebMoney Aword 2008にてBest Game賞とBest Rookie賞の2冠を受賞したほど、高く評価されています。

ジャンルとしては、MMORPGで、ゲームプレイ基本料金は無料、アイテム課金制となっています。ダウンロードによってゲームをプレイすることができ、キーボードとマウスによって操作します。

ルーセントハートは、ファンタジーの世界観を基調としています。正座をモチーフとしており、キャラクターを作成する際に入力した生年月日によって星占いができるなど、多彩なシステムが搭載されています。

物語も星に関するストーリーとなっています。

まだ、星がなかった世界に、聖界の女神であるテイアと暗黒界のカデナが存在しており、カデナはテイアが所持する聖なる力「ルーセントハート」を得るため聖界を侵略。壮絶な戦いが400年が続き、結果テイアが勝利しました。

その際、カデナを星盤の力によって封印し、星の使徒を暗黒界へと送り、新世界のアカディアに創り変えたのです。

そのアカディアは、魔力と科学が反映し、平和な世界となったのですが、次第にこれまで敬っていた女神・テイアに対する信仰心は失われ、徐々に人間達の欲望や疑惑・裏切り・憎しみなどで膨らみ、そのマイナスの気持ちによって封じ込めらたはずのカデナは復活のための力を回復していき、それと同時に無数もモンスターが現れて人間達を襲い始めました。

テイアは星を創造して星座をつくり、アカディアを照らすことでモンスターの活動を抑え込み、またアカディアを平和な世界に戻すために星の使徒を人間界へと送りますが、テイアは力を使い果たし深い眠りについてしまいます。

プレイヤーは、その使徒となり、テイアを目覚めさせて世界の平和を取り戻すために冒険へと挑むのです。

ルーセントハートでは、ゲーム開始前にプレイヤーが操作するキャラクターを作成します。

全てのプレイヤーは、最初は同じ職業なのですが、職業は1次転職~4次転職の4段階が用意されています。

最初はビギナー、1次職はファイターとメイジ、2次色はナイト、ガンナー、マジシャン、プリースト…と徐々に増えていき、自分で自由に選択していくのです。

レベルが上がるのつれて細かく職業も分かれていくため、どれを選択するか…によってもキャラクターのスキルやステータスは変わっていきます。

また、覚醒するごとに外見も変わっていくそうですから、それもルーセントハートの魅力ではないかな、と思います。

ルーセントハートに登場するキャラクターは非常に愛らしく、まるでアニメのようなので女性にも好感が持てるネットゲームではないかな、と思います。
更に、キャラクター同士の恋愛要素も搭載されているそうですから、尚更ですよね。

ダンジョン・フィールドの謎解きや冒険、モンスターとのバトル、アイテム・武器・防具の生産システム、オリジナルクエストの再生…など、様々な楽しみが詰め込まれているネットゲームです。

コメントを残す